夢とお金

目次

夢を持つこと

BOYS BE AMBITIOUS
青年よ大志をいだけ という言葉に代表されるように
夢を持つことは美徳と考えられています。
たしかに夢を持っていきるということは素晴らしいことです。
人生にはりができて、日々も楽しくなるでしょう。

一方で夢がないことに罪悪感をいだくことがあります。
また、夢と生活(=お金を稼ぐこと)の両立に苦しみます。

夢をもつことは尊いことか

夢を持つ事ができなくてくるしくなることがある。
斎藤一人さんは「夢がないんです」というひとに「夢がなくて良かったな」といいます
「何にでもなれるよ」。

成功者とは

絶対できると信じて行動し続ける人が成功します。
多くの成功者が、大切なのは才能ではなく情熱だといいます。

情熱を持つこと=夢をかなえること

では情熱がないと成功しないのでしょうか?
斎藤一人さんは自分は情熱がある方ではないとも言っています。

情熱らしきものの作り方

夢もなく情熱もないのであれば、成功しないのかといえばそうでもなさそうです。
納税日本一の斎藤一人さんは成功者です。
夢はなくてもいいといい、
情熱があったわけでもないと言っています。

楽しんでやってきたのだろうと思います。
キワードは楽しい。
楽しみながら情熱らしきものを作ってしまいましょう。

やってみたいことを書き出す

やってみたいことを50個書き出してみましょう.。
できるようになりたいこと、行きたい場所、なりたいもの
野球選手になりたい、豪邸に住みたい、イタリアに行きたいetc……
なんでもok。ぼんやりしていても大丈夫です。

やる気になってきましたか?
楽しくはなってきましたよね?

これらが全て叶うとしたらどうでしょう?
ワクワクしますね。
じゃあどうやって、それをかなえるのか?

どうせ無理だろうという思いも湧き上がりますがきにしないでください。
できるできないは一旦わきに置きます。

やってあげれることを書き出す

いま、あなたが人にしてあげられることです。

やってみたいことしたいことに関係して、人にしてあげられることを書き出します。
やりたいことがTAKEだとするとGIVEを書き出します。

  • 今日できること
  • 時間のかかるもの

このリストのうち今日できるものを毎日こなしていきます。
毎日できることをGIVEするのです。

人から何かもうことがあるとすれば、先にその人に何かをしてあげた結果です。

やってみたいことリストは自分の欲望(TAKE)ですが、
やってあげたいことリストは相手にあたえる(GIVE)ことで結果的に自分の欲望が満たされます。

先日の記事で「素直にまさる天才はなし」と書きました。

成功した人は多くの人の助けがあって成功したといっていますが、「努力にまさる天才はなし」の場合自分の力だけで成し遂げようとするから助けられる余白がない
つまり成功の要素である人の助けが借りにくいです。

やったことはかえってくる(返報性の法則)し、人に親切にすることは人が生まれてきた意味そのものです。

お金を稼ぐことへの罪悪感

夢を持ちましょうと同じように使われている言葉で努力をしましょう
というのがあります。
額にあせして働くのが尊いという考え方は根強く
自営業者は値決めに苦労します。

お金の勉強ってどこでするの?

学校では教えてくれないし親も得意ではないので本で学ぶしかないです

「お金の真理」斎藤一人著によるとお金には5つの法則があり

  • 第一の法則  もしお金がまったく手元に残っていないんだとしたら、あなたはそのお金を「誰かにあげている」。
  • 第二の法則 「お金持ちになれない人って」「お金持ちになるための努力」をしていないの。
  • 第三の法則 「常じゃないことから学ぶようにできているんだ」
  • 第四の法則 「心の問題は”考え方”でどうにでもなるんだ」ということ。ところが、お金の問題は「現実」の問題です。
  • 第五の法則  徳をたくさん積んでいたら神様が味方してくれる。

ということだそうです

どうでしょうか?
勉強不足の私にはまだまだピンときません。

本 「君と会えたから」 喜多川泰 著をよんで納得しました。

円=ありがとうと読む

お金を稼ぐことへの罪悪感は
お金を儲けるということは(ありがとう)をあつめることだ考えます

チーズバーガーが180円だとします。

チーズバーガーを作るためには
牛を育て、レタスを栽培し、乳牛を育てチーズを作り
小麦を育てパンを作り、配送、調理、ラッピングと様々な工程をへます。
それだけの手間をかけれない私が今もらったチーズバーガーにはそれだけのありがとうがあります。
最後にチーズバーガーを販売してくれた相手に180円をありがとうといって送り出します。

時給800円の人が1000万を稼ぐためには
1000万を800で割ると
12500時間
1日8時間、週5日で1周間に40時間働くことができるとします
すると312週必要になります6年弱という時間が必要です。

汗水たらして働く対価として時間を売ります。

では1000万ありがとう(円をありがとうにかえました)を稼ぐにはどうしたらよいか考えてみましょう
計算するのがバカバカしくなって1時間に10倍のありがとうを貰う方法はないかと考え出します。

これなら、稼ぐことが悪いこととは思いません。
斎藤一人著「お金の真理」にある第5の法則「徳をたくさん積んでいたら神様が味方してくれる。」にもあてはまります。

夢は持たないほうがいい

夢は持たないほうがいいとうのは
手段を目的にするなということです。

職業は夢を実現するための一つの手段であり、それがだめだからすべてがだめなわけではない。
人生においておおきな成功する人は、早いうちから一つの方向に進むことを決めたひとではない。

「野球選手になりたい」が夢だととします。
年齢が上がるにしたがって、自分には無理だと思い始めます。
今度は、「漫画家になりたい」と思い努力します。応募したり、持ち込みします。
でもうまくいきません。
うまく行かないことを繰り返すことが夢を持つことの危険なところです。
うまく行かないことがだめなのではなくうまく行かないことで自分がだめだと思うことがだめなのです。

野球選手になりたい→なりたい理由をかんがえる
目立ちたい、モテたい、お金を稼ぎたい
という理由が出てきたとすれば、手段は野球選手になることでも漫画家になることでなくても叶えることができます。
なりたい職業は手段です。

手段だと考えれば、この手段ではうまくいかなかったことがわかっただけで違う手段を試してみよう
と前向きに考えることができます

まとめ

  • 自分の本当に欲しい物を知る
  • 夢を実現させる方法をしる
  • 経済的成功の真実をしる
  • 手段を目的にしない

夢をもたなくてもいいし、自分の夢の本質をしることが大切です。
そして、人生において決してできないことはありません。

この記事を書いた人

斎藤一人さんの「変な人の書いた成功法則」で人生を救われた人。12年間の会社員生活ののち妻の借金が発覚。離婚→再婚し、日々斎藤一人さんの教えを実践しています。ニートの娘がいる。

コメント

コメントする

目次
閉じる