MENU

まるかんの特約店になって1年がすぎた結果

特約店になって1年がすぎました。
結論から云うと、儲からないです。

では、やって失敗だったかというとそんなことはないというおはなしです。

特約店をするまえにも「そんなに儲からないけど、やってみたら他のことですごくいいことがあるから帳尻あうよ」
といわれていました。

いまは、なるほどたしかにと実感しています。

目次

良かった点

  • 商品が想像以上に素晴らしい
  • 思ったより認知されていて売れる
  • 経験値が増える
  • 他の良いことが起こる
  • 売上実績ができる

商品が想像以上に素晴らしい

あまり嘘は付きたくなといのではっきり言うと商品の実感は個人差があります

ダイエット青汁がとてもいいと言う人もいるしそうでもない人もいます。
JOKA青汁が気に入っていたので何人かに勧めてみましたが、しょっぱい で終わりました。
ホワイトクリームはおすすめした先で感動されるほど喜ばれましたが、私がつけると肌に合いません。
私は青汁酢で元気になりますが、妻は飲んでも何も変わりません。
パニウツは飲むと調子がよくなって肌ツヤもよくなるので好きみたいです。
水龍は普段のんでもなにも実感しませんが、腰がいたいときなどに飲むと痛みが引きます。
*個人の感想
と様々な感想が寄せられ、わたしもいろいろ試したのですが

結構な確率で喜んでくれる


一人さんファンにありがちなのが、You TubeやCDや本を聞くだけという人
(私がそうでした)
人にすすめる以上試しのみや試し塗りをするのですがそれがほんとに良かったです。
たぶん、特約店をしなかったら買ってなかったので感動との出会いもなかったことでしょう。

顔にツヤをだして気分がよくなるのはプライスレスですし、人に喜んでもらえるのもめっちゃうれしいです。

思ったより認知されていて売れる

3日坊主ならぬ、3ヶ月坊主(3ヶ月位がんばった)で終わりましたが認知度はたかく商品のニーズが高いです。
保険のような潜在ニーズを掘り起こす必要がなく、顕在的なニーズがあります。
楽天やAmazonにだしている店( 禁止されています)、 はかなりの売上を出しているものと思われます。

まるかんの商品を扱っていますといって、知ってる人がそこそこいます。
全く知らない人が多いと思っていました。
先達のかたの努力でしょう。感謝です。

喜んでくれるひとをみると私も嬉しい

悪かった点

  • 郵送コストがかかる
  • テンションを上げ続けるのが難しい
  • メルカリとかで値崩れをおこしている

じっさい運営してみると、郵送対応に手間とお金がかかります。
仕入れも郵送されてきて、発送作業にも代金が発生します。

地味な作業が中心で作業コスト、郵送コストなどを考えていると値段を下げた営業手法は長続きしません。
テンションを上げ続けるのがむづかしいというのは費用対効果が良くないことによっておこされます。
メルカリなどのネット販売はニーズもボリュームもありますが最終的には値段の勝負です。

参入障壁が低いけど売れるということはすぐに離れていくということと同じです。
ファンになってもらおうと、チラシやおまけを入れたとしてもみんなそれくらいの努力はしています。
そして最終的にお客さまはやすいところへ流れます。

ネットから自前の店舗に導線をとおもってがんばってみましたが、なかなかむづかしいです。

郵便局とコンビニとヤマトにいく日々

波動が違う

自前のネット販売は解禁されていますが、楽天やアマゾンでの出品は禁止されています。
ですが実際は楽天やアマゾンでまるかんの商品は出品されています。

楽天やAmazonで出品されている商品は安く実店舗で定価で売るには付加価値をつけないといけません。

本部はそういうところ(禁止されているところ)で売る人の商品は波動が良くないといいます。
たしかにそのとおりだと思います。

商品には波動があります。
同じ商品でも波動は違います。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B-%E8%B6%B3%E7%AB%8B-%E5%B9%B8%E5%AD%90/dp/4903821536
↑参考:最近読んだ波動の本でわかりやすくてめっちゃ良かった

ただ、お客様に「波動が違うからAmazonでかわないほうがいいよ」ともいえないので私達は現実的な方法を考えないといけません。「波動が違うから買わないほうがいいよ」といいきれないのも自分自身の問題なのですけどね。

最後はやはり魅力をつけることだと思います。
あなたから買いたい。またあそこに行きたい。また、会いたいというやつです。

そう考えると、難しい分面白いですね。


1年経った感想

自宅で開業
のぼりもたてていませんでした。

*20年12月に登録

先月10月はとうとう発注0という月になってしまいましたが、特に怒られることもなく
凪のような状態がつづいています。

凪の中をすすむのはヨットでも一番難しいので自分で自分のテンションをあげ波をたて帆をたて続けなくてはいけません。
商売ですからあたりまえですね。
↑最近そう思うようになりました。

会議などにも参加せず、ただ登録している状態でした。
まるかん茶から付き合ってもらって毎月3万ほど購入いただける様になった人がいたり、メルカリから購入頂いた方が
直接取引していただいたりとうれしいことがあります。

月5万の購入からコミッションが発生するので5万を目標にしていました。
意外と素人でも達成できます。

ただ、今後は自分から買ってもらうメリットがないと難しいと思います。
ネットで割引価格で売られてるし、どこでも買える商品になってしまいました。

現在まるかんは発表会の形式でお客さんに体験談を発表してもらったりお客様とコミュニケーションをとるようにしています。お客さまはアウトプットの練習にもなります。

私はコミュニケーションが得意でないので他の方法でがんばります。

今後の展開

私はコミュニケーションが得意でないのでネットに注力していきたいと思っています 。
具体的にはショッピファイを活用して海外向けに販売

皆さん考えていることでしょうが、海外むけネットショップです。
とりあえず試してみたいと思います。

聞きたいことがあれば、直接連絡ください。
特にノルマがあるわけではないのでお気軽に。

興味のある方はぜひトライしてみましょう。
想像以上に気楽にできます。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

斎藤一人さんの「変な人の書いた成功法則」で人生を救われた人。12年間の会社員生活ののち妻の借金が発覚。離婚→再婚し、日々斎藤一人さんの教えを実践しています。ニートの娘がいる。

コメント

コメントする

目次
閉じる