斎藤一人直弟子千葉純一社長 だれでも歩けるついてる人世 YouTube 神様の仕掛け

車に石がとんできても、「ついてる」なんです。

以下全文

  • 儲かると嬉しい
  • 名誉欲がある

今日私の話にキャバクラうんこそういった類の話は一切出てまいりません。2011年の千葉純一はちょっと違うゾと。(少し昔の話です)

そんな感じでいやひとりさんから教わった一番好きな話をこの2011年の正月にご披露させていただきたいなと思います。どうぞよろしくおねがいします。

ひとりさんから教わった神様の仕掛けというお話をさせていただきます。

ありがとうございます本題も始まってないのに盛大な拍手ありがとうございます。

ある時一人さんが「じゅんちゃんちょっとおいで。いい話教えてるからな一生覚えとくんだぞっ」て言われたんです嬉しいじゃないですか。じゅんちゃんな人っていうのはお金が儲かると喜ぶように出来てるんだよ。

だからサラリーマンの人はお給料日嬉しいだろ。

だから我々商人は仕事がうまくいって儲かると嬉しいだろ。

それと主婦の人はお買い物行ってね、いつも1000円のものが600円で買えたね。

いつも1000円のお刺身が600円で買えた。こんな新鮮なお刺身600円で書いて嬉しいなお父さんに食べさせてあげようって思うでしょ。

これは1000円の刺身が600円で買えた。つまり400円もうかったから嬉しいんだよ。

女の人がバーゲンで30万のブランドのバック15万で買えた。めちゃめちゃ嬉しいこれも15万円儲かったから嬉しいんだよ。

人っていうのは儲かると嬉しいように神様が作ってくれたんだよ

いい話ですね一人さん。田舎に道の駅ができるで、そこの道の駅で曲がったキュウリでもちょっと傷の入ったトマトでもうってあげるよって言うと近所の農家のおばちゃん達がせっせせっせと持ってくる。

ねゲートボールをやる人がその周辺でもくいなくなっちゃったんだよ。

年寄りでも毎日日銭がて日銭が入ると嬉しくてしょうがないんだよゲートボールやってるより楽しいんだよ、人間っていうのは儲かると嬉しくてきてるんだよ。

ただその中である人は一生食べられるぐらいお金を持っちゃった。

じゃあもういいや、仕事今日も辞めて遊んでくださいでも儲かってそうじゃないんだよ。

神様は二つ目の仕掛けを用意してくれててそういう人は名誉を上げたい。名を上げたいと思うようになるんだよ。名誉欲という仕掛けを用意してくれてるんだよ

だから松下幸之助先生って自転車屋の丁稚奉公だったんだよ。その松下先生が電気屋を始めて世界のナショナルに、世界の一流の企業にしてったのも人のため世間の為って言うけど本当は名誉欲が先生のことを後押ししてるんだよ。1人さんが教えてくれたんです名誉を残したいとかお金を一生懸命儲けようとしている人は、悪いことをしてお金をもうけようとか。

自分の名誉を汚すようなことをして名を上げようとかしないんだよ。

それが神様がつけてくれた最高の仕掛けだからそこの神様の道にのっとっていくとすごく幸せになれるんだよて、ひとりさんは私に教えてくれました。

だからじゅんちゃんもな一生懸命働いてそして名も残したいだろうから一生懸命なをあげるように人から頑張ってるね素晴らしいねって言われるように言われるように頑張るんだよ。なこれが神様が助けてくれた仕掛けだからそのことを信じて行ってってごらん。

必ずものすごく幸せになれるよって教えてくれました。

この話を本当に今日はこの飛天に集まってくださった皆さんにね是非覚えといてほしい。

なんかさお金を稼いでると、何かお金って汚いんじゃないとかって。

よく宗教とかでさあれじゃないそうじゃないいいんだ。

いいんだ儲けて。有名になってもいいんだ。その代わり頑張れよ。神様が助けてくれたものに一個の無駄もないんだじゃなかったら神様がそういう仕掛けをつけるわけじゃないんだ。

だから皆さんとともに豊かになって名誉を挙げてそして今年一年頑張っていきたいと思います皆さんどうぞよろしくお願いします。 

感想:正直45になるでおかねをかせぐって感覚がなかった。
最近になって駐車場を貸したり、商品を売るために仕掛けをしたり、勉強したり楽しさがわかってきました。


1 2

この記事を書いた人

斎藤一人さんの「変な人の書いた成功法則」で人生を救われた人。12年間の会社員生活ののち妻の借金が発覚。離婚→再婚し、日々斎藤一人さんの教えを実践しています。ニートの娘がいる。

コメント

コメントする

目次
閉じる