【斎藤一人思いは現実になる】を読んでまたも夢について考えるというサイクル

ただいきているだけで大変なんだが

夢とかほんとに思い通りになるの?
だったら夢迷子なんかいないんじゃない?

思いがすべて 

でも大事なのは「思いの軽さ」だよ

斎藤一人 思いは現実になる 信長著

斎藤一人思いは現実になる 信長著を読んで

きづいたら、また夢の本をよんでいる。
先日は引き寄せの話をブログで書いた。不惑も半ばを過ぎているというのに惑っているのだろうか?

ホスト歴15年現出版社社長が一人さんとの対話形式。 テーマ:思いが現実になる 他の本と違い、出版社社長、信長さんの思いがちりばめられている、松永茂久さん(『陽なた家』経営者)の書籍に雰囲気が似ている。

夢と目標は違う

夢というのはかなわない

身もふたもない事実。
思い続けられれば将来叶う可能性はある。

夢がかなうかどうか、というのはそのことをずっと思い続けられるかどうか、ということでもあるんだ。もちろん、楽しいことでないと、ずっとは思い続けられないだろうけどね。

斎藤一 思いは現実になる。

夢の代名詞:イチロー選手の作文

僕の夢

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。

3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

……

イチロー選手の小学校6年生の時の作文

このイチロー選手の作文は夢ではありません。目標です。
実際、達成するための準備もしています。

3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

第一章

夢はかなう

「本気で夢をかなえたくなったら、1段ずつ上がっていくといいよ」結局、夢は本気でねがえば叶うんだよ。叶わないのなら、それは本気だと思えなかっただけでしょ」ということ。

斎藤一人 思いは現実になる 信長著

夢をかなえたいんだったら、精神論もいいけど、現実論も組み合わせないとね。

と言っています。イチロー選手の場合は6年のときに本気でプロにいこうと決めていた。
きめただけでなく、準備もしていた。準備していたから自信がついた。
というサイクルになっています。現実論がしっかりしています

第二章

ただ自分が愛の塊だときづけばいいんだよ。

俺たちは、神の愛と光でできているから、愛になる必要もなければ、光になる必要もない。もう、そうなっているんだから。

第三章

本来なら知恵なんて湧き上がるように出てくるものなんだ。出ないのだとしたら、その人は出ないような考え方をもっているということ。

自分が変われば、自分が出会う人達が違ってくるんだよ。

第四章

ほめるっていうのは、笑顔になることもそうだし、言葉で表現することもそうだし、何かをやってあげることもそうだし、いろいろな方法があるということ。

成功する人は、常に軽さがあってとんとん拍子なんだよ。

最後に

そういう意味において、やっと時代が一人さんに追いついてきたのだ。
と結んでいます。

まとめ

  • 夢はかなう   軽く願う。行動する。ちょっと上の夢をかなえる(目標)
  • 夢はかなわない 無理な夢を見ている人。(30億ほしいとか。1万円ためることから始める)
            夢を見ているだけでいいひと。

その人の夢が自分に想像できることかどうか

例えば
アメリカの大統領になるという夢もかないます
日本の国籍ではなれないだろうな、とすこしでも思っていたらなれません
純粋にアメリカ大統領になると考えていると国籍を変えるとか、国籍条項がなくなるとかの奇跡が起こります。

会話形式わかりだからわかりやすくはじめて読む人むけによい本でした。

この記事を書いた人

斎藤一人さんの「変な人の書いた成功法則」で人生を救われた人。12年間の会社員生活ののち妻の借金が発覚。離婚→再婚し、日々斎藤一人さんの教えを実践しています。ニートの娘がいる。

コメント

コメントする

目次
閉じる